0120-212-228

MAGAZINEリフォーム最新情報

リフォームの最新情報を毎月お届けしています。

セルフクリーニング機能付きサイディング

外壁は日々雨風にさらされているため、年月が経つとともにどうしても汚れが付着してしまい、色や見栄えが変わってしまいます。
いつまでも美しい状態を保っておきたいものですが、外壁は面積が広く高さもあるので、頻繁に掃除をするのは大変ですよね。そこで紹介したいのが汚れを雨で流してくれるという「セルフクリーニング機能付のサイディング」です。
今回は「セルフクリーニング機能付のサイディング」について特長や各社から出ている商品をご紹介いたします。



セルフクリーニング機能の仕組みとは?
セルフクリーニング機能を持つサイディングは、「親水性」の効果で、雨で汚れを洗い流す機能がある外壁材です。
「親水性」とは材料の表面に水が広がる性質のことです。
空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水の膜を作ることで、静電気が起きにくく、ホコリなどを寄せ付けにくくします。付着した汚れも水分の膜の上にあるため、雨の日に綺麗に洗い流すことができます。


セルフクリーニング機能付きサイディングのメリット
・きれいな外観をキープしやすい
セルフクリーニング機能付きのサイディングを採用すれば、長期間美しい状態をキープしやすくなります。
通常のサイディングですと時間が経つと雨だれなどが目立ってきますが、セルフクリーニング機能付きサイディングは10年後でも雨だれが目立たないきれいな状態が保たれたという実証結果もあります。

・外壁掃除の回数が減る
汚れは基本的に雨で流れてくれるので、お手入れは大幅に楽になります。
但し、お手入れが全く必要ないわけではありません。鳥の糞や大きな泥汚れなどは水洗いをする必要があります。定期的に掃除して、落ちきらなかった汚れは流すようにしましょう。


セルフクリーニング機能付きサイディングのデメリット
・通常のサイディングより費用が高い
通常のサイディングに比べると、セルフクリーニング機能付きのサイディングは費用が高くなります。

・再塗装が必要
セルフクリーニング機能付きのサイディングも、通常のサイディングと同じくメンテナンスが必要です。メーカーによって異なりますが、20~30年に1回程度で再塗装するのが一般的です。


各社から出ている商品
◆ニチハ プレミアムシリーズ(マイクロガード)
・キレイが長持ちで、メンテナンスコストを大幅に削減します。
・色あせや塗膜のひび割れに強い超高耐候塗料「プラチナコート30」を採用


◆旭トステム外装 ルミナードVZ
・優れた耐候性(塗膜30年保証)
・防汚性(セルフクリーニング)機能を有したフッ素塗装です
・板間の継ぎ目が目立ちにくく、美しく仕上げられます